【レンズ2本で最安3万以下】持ち歩きたくなるミラーレス一眼CanonM10のススメ。

ママカメラ

広告




こんにちは。プロカメラマンで姉妹の母のもむらです。

あなたが探しているのはどんなカメラですか?

カメラは高額なので、安いに越したことはないと思います。

でも今はスマホカメラの性能が向上して、大抵のコンパクトデジタルカメラよりもスマホの方が性能が上になりつつあります。

せっかく一眼レフやミラーレスを買っても、結局「スマホでいっか」となるのです。

では、どんなカメラなら持ち歩きたくなるか。私の思う条件はこちら。

  • ボディが小さい(ミラーレス)
  • センサーサイズが大きめ
  • レンズが交換できる(単焦点レンズがつけられる)

この条件を満たすのはCanonM10です。

詳しく解説していきます!

どうせ持ち歩かなくなるカメラ

残念なことを言います。

いいカメラを買っても最初のうちはいいけど、どうせ持ち歩かなくなります。

私の周囲の友人を見ていても、いいミラーレスやデジタル一眼レフを買っても、最終的にメインカメラはiPhoneなどのスマホです。

それはなぜか?

スマホの方が結局便利だから。

便利さを上回るカメラの良さがないと持ち歩かなくなるのです。

では、スマホにできないことはなんでしょうか。

スマホにできないこと

  • ボケを生み出すことができない
  • 写真の表現をコントロールすることができない

スマホはセンサーサイズが小さいので、写真特有のボケという表現ができません。

そしてスマホのカメラは、絞りが約F2で固定で、露出をコントロールすることができません。

持ち歩きたくなるカメラの条件

カメラマン仲間の中でも、私は唯一常にカメラを持ち歩いています。
そんな私が考えるいつも持ち歩きたくなるカメラの条件はこちら。

  • レンズが交換できる(単焦点レンズがつけられる)
  • イメージセンサーが大きい(デジタル一眼並みのAPS-C)
  • 小型軽量+薄いレンズ

この3つです。

レンズを交換することができるのは、ミラーレス一眼とデジタル一眼レフです。

単焦点レンズをつけることができれば、スマホのカメラにはできない「ボケ」が楽しめます。

イメージセンサー(写真を記録するチップ的なもの)が大きいほど、ボケやすくなりますし、画質もいいです。

そして、小型軽量でないと絶対に持ち歩きません。

このことはこちらに暑苦しく書いてありますので、読んでみてください。

当サイトで一番人気の記事です。

プロがおすすめする本当のママカメラは?ミラーレス一眼軽量レンズおすすめ2016

プロがおすすめするカメラ【Canon M10ダブルレンズキット】

レンズ交換ができて、イメージセンサーが大きくて、薄いカメラという条件を満たして、新品・現行品の中で一番安いカメラはCanon M10です。

canonm10

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M ダブルレンズキット EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM/EF-M22mm F2 STM付属 ブラック EOSMBK-WLK

以前からなんでこんなに安いんだろう?とは思っていたのです。

注目すべきは、基本のセットで単焦点レンズ(22mm F2)がついているところです。

普通はつまらん標準ズームがついているところがほとんどですが、さすがCanon。

この標準ズームいらないから、望遠レンズつけてよって感じですけどね。

ついてきた標準ズームはいらなければ売ってしまえばもっとやすくなりますね。

ちなみにボディ+単焦点をバラで買うと48,753円。レンズ2本ついた方が安いってどういうことでしょうか。

canonm10中古

しかも、中古で29,386円から、新品でも41,000円で買えるなんて。。なんなんだ!

プロでも「新品同様」であれば中古は大いに利用しますよ。だって安い方がいいじゃないですか!

プロが考えるCanonユーザーが少ない理由

他社メーカーの現行品は同じような内容で5万円〜8万円以上のものがほとんどです。

なんでCanonだけ安いかを考えた方がいいと思いませんか?

あなたの周りにCanonのミラーレスユーザーはいますか?

国内シェアはSONY、OLYMPUS、LUMIXが占めています。

なぜCanonユーザーは少ないのでしょうか。

起動・ピントが遅い

カメラのパフォーマンスを調べることができるサイトがあります。

そこでは起動のスピード、ピントを合わせる速度(中心一点、多点、半押し後、連続)と数字を見ることができます。

起動が一番早いカメラがCanon 5Dmk2で、0.4秒です。

対してCanon M10は2.5秒。遅っ!!

中心一点にピントを合わせる速度が一番早いのはNikon1のV3で73に対してCanon M10は345。撮った感じそんなに遅い感じはしなかったけど、軽快な印象もありません。

見た目がお豆腐系

body-w

カメラは嗜好品と考える私にとっては、このM10の外装は許せないくらいチープ。

時計や万年筆のような「持つことが楽しい」カメラを持ち歩きたい私は、このカメラは選びませんw

豆腐かと思うようなどうでもいい見た目です。ほんとにAPS-Cなの?っていう。

こういうのを私は「お豆腐系カメラ」と呼んでます。心の中で。

「私プロカメラマンなんです」って言われてこのカメラ出てきたら「エッ」て思いません?そのカメラで仕事するの?大丈夫なの?って。

「カメラは嗜好品」と思うタイプの方はこちらを読んでみてください。

写真が一気に上達する、デジタルクラシックカメラのススメ。独断と偏見でFUJIFILMのX100シリーズを解説。

でも、こういうのはかわいいですよねー。

color02

カスタマイズ派にはオススメです。

単焦点レンズがついた小さいカメラで撮った写真

IMG_0169

単焦点+イメージセンサーが大きいと、暗いところの撮影に強いです。

私の寝相コレクション(ネゾコレ)は増える一方。

DSCF0827

小型軽量だからいつもそばにあって、拳銃のようにいつもサッと出して撮れます。

こういうおもしろいシーンを撮り逃しません。
IMG_0164

やっぱりいいカメラ買って楽しいのはボケ。スマホじゃ絶対撮れませんよねー。

IMG_0598

単焦点レンズを持つと、光を読むようになります。写真は光の表現であることを、スマホでは忘れがちです。

単焦点レンズがついたカメラを持つと、写真が上達します。

M10を持って夏休みを楽しんでくださいねー!

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M ダブルレンズキット EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM/EF-M22mm F2 STM付属 ブラック EOSMBK-WLK

 

(Visited 10,841 times, 3 visits today)

アンケートご協力お願いします

広告




プロフィール

老舗写真館で10年撮影をしていたプロカメラマン、河口あすかと申します。

1983年生まれ。 2012年、2014年生まれの姉妹の母です。 高校の時は写真部。 高校卒業後は芸術学部写真学科に入学して、報道写真部に在籍。 卒業後は医療系カメラマン、商品撮影アシスタントを経て老舗の写真館でひたすら人物を撮っています。 2016年に写真整理アドバイザーを取得。 撮りっぱなしのあなたのために、写真整理の記事を書いていきたいと思います。 詳しいプロフィールはこちら。 プロフィール