【Webマガジン「トランカ」掲載のお知らせ】プロに聞く!「ブライダルカメラマン」というお仕事

Reading

広告




こんにちは。プロカメラマンで姉妹の母、もむらです。

Photobackが運営する情報マガジン「トランカ」さんへ記事を書かせていただきました。

プロに聞く!「ブライダルカメラマン」というお仕事

「カメラマンってどこからがプロなの?」

というママ友の一言をきっかけに書いた記事です。

プロとアマチュアの線引きは「撮影することで報酬・収入をもらう」こと

プロカメラマンには資格がいらないことを、世の中の人はどのくらい知っているんでしょうか?

私の友人の大多数は大学卒業後「フリーカメラマン」として活動し始めました。

実績がなくてもフリーランスとして動き始められることが、私にはとても不思議でした。

彼らは今も変わらずフリーランスで活躍しています。

カメラマンって意外に「言ったもん勝ち」なんですよ。ほんとに。

もちろん、仕事が来るかどうかは別の話ですけどね。

ちゃんと写真の専門や大学を卒業した人たちは何をしているの?

私は東京工芸大学芸術学部写真学科を卒業しています。

卒業後の進路はみんなほんとーーーーーに色々です。

  • 電通や博報堂、資生堂など大手の広告カメラマン
  • 航空カメラマン
  • 建築カメラマン
  • ブライダルカメラマン
  • 出版系カメラマン
  • レタッチャー
  • 学校写真カメラマン
  • 競馬カメラマン←たった一人ですがw学生の頃から馬好きでした。
  • 営業写真(写真館)カメラマン←私はコレです。

みんながみんなバラバラすぎて書ききれませんが・・

ブライダルの会社は「写真の専門を出ていないと採用しない」というところもあります。

ただ、外注カメラマンに関しては学歴は問わないところも多いのではないでしょーか。

実際働いていると、どの仕事も専門学校を卒業していないと出来ない、というわけじゃないことに気づきます。

うちの写真館に出入りしていた広告の営業さんが

「僕カメラマンとして独立しようかと思ってまして」

と言ってフリーカメラマンになった時はとても驚きました。

でも、コネと技術があったので今も大活躍していますよ。

プレッシャーと戦いながら。

「専門を出ていないとできない」というマインドブロックを外せることができれば幸いです。

好きなことを仕事にしていきましょう!

 

 

(Visited 138 times, 1 visits today)

広告




プロフィール

老舗写真館で10年撮影をしていたプロカメラマン、河口あすかと申します。

1983年生まれ。 2012年、2014年生まれの姉妹の母です。 高校の時は写真部。 高校卒業後は芸術学部写真学科に入学して、報道写真部に在籍。 卒業後は医療系カメラマン、商品撮影アシスタントを経て老舗の写真館でひたすら人物を撮っています。 2016年に写真整理アドバイザーを取得。 撮りっぱなしのあなたのために、写真整理の記事を書いていきたいと思います。 詳しいプロフィールはこちら。 プロフィール