ニューボーンフォト撮影@ご自宅

お仕事

広告




こんにちは。3歳6歳姉妹の母/カメラマン/写真整理アドバイザーのあすかです。

↑最近こんな風にスラッシュで区切って複数の肩書きを持つ人をスラッシャーというらしいです。スラッシュキャリアとかね。

幼なじみにベイビーが産まれたので、ニューボーンフォトをご自宅で撮らせていただきました。

 

【ニューボーンフォトとは】

産まれて間もない生後3週間の新生児を写真で残すこと。

ニューボーンフォトで検索しても写真が増えてきたし、ニューボーンフォトを得意とするフォトグラファーも増えてきました。

 

私は捨て変態なので、小道具などを集めてもしばらくすると捨てたくなってしまうサガで・・・ベイビーのママに聞いてみたらこんな素敵な小道具が!!

お友達からのプレゼントだそうです。

3800gで産まれたビッグベイビーで、3週間ですでにしっかりした感じ♡すでに5キロあるそうで、安心感がありました。

ぶどう棚が窓の外にあって、窓とマッチして素敵でした✨

窓と光とぶどうの葉が美しい。

ベイビーの叔父さん作の額とコラボ。雰囲気ありますなー

ベイビーちまき。

あくび。たまらんっ

ママの手くらいしかない頭。このサイズ感今だけなんですよねー。

 

ニューボーンフォトという言葉が日本に上陸して数年経ちますが、最初写真機材イベントでデカデカと打ち出されたときは

「ケッなんでも商売に結びつけやがって」

と素直じゃない私は斜めから批判的にみていましたw

でも、自分が子供を2人産んで

新生児期がふわふわで、頼りなくて、いい匂いで

新生児期があまりにもあっという間で

新生児期があまりにも愛おしいということを知りました。

この新生児期を残しておきたい気持ちがやっとわかったのです。

あぁ、何度みてもカワイイ。

そんな写真を残すお手伝いができたらと思ってます。

 

(Visited 36 times, 1 visits today)

アンケートご協力お願いします

広告




プロフィール

老舗写真館で10年撮影をしていたプロカメラマン、河口あすかと申します。

1983年生まれ。 2012年、2014年生まれの姉妹の母です。 高校の時は写真部。 高校卒業後は芸術学部写真学科に入学して、報道写真部に在籍。 卒業後は医療系カメラマン、商品撮影アシスタントを経て老舗の写真館でひたすら人物を撮っています。 2016年に写真整理アドバイザーを取得。 撮りっぱなしのあなたのために、写真整理の記事を書いていきたいと思います。 詳しいプロフィールはこちら。 プロフィール